お知らせ

腸脛靭帯炎 (ランニング障害)

長距離を走る膝の痛みに腸脛靭帯炎という疾患があります。

膝の疾患ですが、ほとんどは別の場所に原因があります。

↓↓

長距離ランナーに多くランニングによる膝の外側が痛くなる疾患です。

殿部にある筋肉が腸脛靭帯となり膝の外側に付着しています。

膝を曲げる30~50度くらいの角度で、曲げ伸ばしを繰り返し行うと炎症を起こし痛みが出現します。

大腿筋膜張筋

大殿筋の硬さも

原因になる!

<   >

・男性ではO脚  

女性では外反扁平足

・男性に多い

・走行開始時よりも徐々に痛みが出現する

・膝伸展位で固定して歩けば軽減される

<   >

・急性期…1~2週間のランニング中止

超音波、鍼灸、ストレッチ、マッサージ、テーピング

置き鍼、ランニング後はアイシング

< ランニングへの復帰 >

1.制限した距離から始める

2.ウォーキングを組み合わせる

3.芝生などの柔らかい路面を選ぶ

フォームの問題!

4.ストラドを大きくしない

5.下り坂をさける

 

※画像は機能解剖学的触診技術より改変

https://hone.hamazo.tv/e2040969.html

Instagramインスタグラム